SSブログ

二人目 [エリンを生きる]

ウィンドミルランク1の二キャラ目。

ミル1_二人目.jpg

単純作業の繰り返しなことが苦手が私にとっては快挙w


延々と同じ事を続けるのはだるいので、一日一回くらいのペースでこのミッションをしていました。
ミル修練場.jpg

彼らのやり方。


このキャラ、ジャイアントなのですが、累積LV600もいかず、木工などのスキル上げも特にしていないのに、累積3000に近い人間キャラにSTRが迫ります。
取得可能スキルやスキルに関連するエンチャントも考えないといけないですが、近接キャラはジャイがいいのかな?
スマッシュの準備時間が短いのでゴリ押しには最適、というか快適です。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

youtubeが韓国を規制 [ニュース]

Googleの動画投稿サービス「youtube」が韓国からのアクセスを遮断したと、中国のニュースサイト「サーチナ」が報じたのですが、肝心の「youtube」のお知らせやブログには見当たらないです。

今ある記事はこちら。
[サーチナ]【YouTube】韓国からのアクセスを遮断?
でも、これは外部からのニュース提供という形の記事。

先程まで閲覧できていたサーチナの記事が消されまして。
魚拓を引用します。
[サーチナ(web魚拓)]ユーチューブが韓国を遮断 K-POP宣伝ツールに使った報い

>  Googleが運営する動画共有サービス「YouTube」が韓国からのアクセスを遮断したと発表。「韓国」と設定されているユーザーは動画をアップロードすることができなくなり、また再生にも規制が掛けられ、再生数も反映されなくなるという。
>■テレビの“韓流推し”疑惑 - サーチナ・トピックス
>  何故このような処置が執られたのだろうか? 実は韓国は国家ぐるみで自国K-POP推しをするために「YouTube」を使い、何百万回と再生数を上げているのだ。通常「YouTube」では同一動画において、1ユーザーにつき1回までしかカウントされないが、韓国ではツールを使い複数のアカウントを切り替え再生数を捏造している。
>  そのためブリトニー・スピアーズやアヴリル・ラヴィーンといった世界的トップアーティストよりも、少女時代の再生数の方が上になってしまっている。こういったアタック行為に対して処置が執られたという。
>  韓国は「ブランド委員会」というものがあり、このようなYouTubeの再生数を伸ばす仕事が実在する。もちろん韓国側は表だって認めていない。木村太郎氏がこの件を発言したところ、干されてしまったことは記憶に新しいだろう。この発言により韓国の「ブランド委員会」からクレームが入り、圧力が掛かったと言われている。
>  しかし今回のようにYouTubeに対策を取られてしまってはどうしようもない。今度はユーザーの設定国を偽装するツールを使ってでもアタックを仕掛けてくるのだろうか?(編集担当:金正一郎)

個人的に、有名なアーティストの動画を基準にすると、昨日今日で初めて知ったような韓国アーティストの再生回数は多く、その割にコメントが異様に少ない気はしていたんです。
素晴らしいものなら賞賛、そして異議アリ!なコメントがもっとあってもいいんじゃないかと。
元ネタを探しまくってみましたが、見つかりません。ガセネタだと気付いて削除したのかな?残念。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

居住まいを正す [エリンを生きる]

2キャラでスキルの見直しをしています。

まず、弓エルフ。
遠隔攻撃の攻撃力を上げるにはやはりDEXなのですが、近接スキルの中にもDEXが上がるものがあります。
例えばベーシカルアタック。
アタック4.jpg

エルフだと、AP129の消費で、DEX15。

次に、近接の人間。
近接攻撃の攻撃力を上げるにはやはりSTRなのですが、弓スキルの中にもSTRが上がるものがあります。
そして、クリティカル発生率。

斧マス1.jpg

LUCKの他にWILLでクリ率が上がります。

一つの物事を極めるのに、一つのことを満足するまで続けるのは大事なこと。
現実でもそうですね。
まずは誰にも負けないことを一つ持ちたいものです。

しかし、芯が一本通ったら、次には更なる上を目指すために、他のことをするのも無駄にはなりません。

例えば、木工の職人を極めるために、金物の知識や建築を学ぶことが役に立ちます。
富士山が主に、先小御岳、小御岳、古富士、新富士と重なっているようにです。

何でもできるように?ではありません。
まるで違います。

何でもできる人は、何をやっても、一つを極めている人に劣ります。
一つの事を極めるために、裾野を広げるのです。
可能な限り裾野を広げて、高さを積み上げて、尚、世界にはその上がいますね。

面白い。この世は本当に面白いですね。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます